油圧警告灯
エンジン内部で潤滑油として働くエンジンオイルの圧力が何らかの原因で低下したときに点灯します。その原因としては、エンジンオイルの不足・漏れやオイルフィルターが詰まったりということが考えられます。また、圧力センサー自体が故障していることもあります。

点灯した場合;オイルの圧力不調でエンジンの受けるダメージは大きいので、直ちに安全な場所へ停車しエンジンオイル量をチェックします。エンジンを停止させ熱が冷めてからオイルレベルゲージを引き出してオイル量を確認し、減っているようであれば漏れがないかチェックします。なければオイルを補充して点検に出しましょう。漏れている箇所が見つかった場合、車は動かさず救助を呼ぶべきです。オイルの圧力が低いままエンジンを動かしつづけると、エンジンも大変なトラブルを起こします。オイルに異常が見つからないのに点灯している場合も直ちに点検の手配をしましょう。